橋田賞|一般財団法人 橋田文化財団


第32回 橋田賞 受賞者・授賞式


橋田賞
  • 『ブラッシュアップライフ』(日本テレビ)
    受賞理由:
    緻密に練られた伏線と、軽妙なセリフの会話劇で、ドラマの面白さを再認識させた。俳優陣の演技も見事で、視聴者から熱い共感を呼ぶドラマに仕上がっていた。

    左から…水野格(演出)、柴田裕基(プロデューサー)
    バカリズム(脚本)、小田玲奈・榊原真由子(プロデューサー)
  • 『ひとりぼっち―人と人をつなぐ愛の物語―』(TBS)
    受賞理由:
    大切な人を失い、心を閉ざして生きていた青年が、人との出会いで人生に前向きになることができるという温かいテーマは、テレビドラマの原点を思い起こさせた。

    左から…清弘誠(演出)
    一路真輝・相葉雅紀・坂本冬美(出演)
  • 連続テレビ小説『らんまん』(NHK)
    受賞理由:
    植物学者・牧野富太郎をモデルとした主人公とその妻の波乱万丈の生涯と、その周りに集まる人々を丁寧に描き、多くの人の心を動かした。

    左から…渡邊良雄(チーフ演出)、長田育恵(脚本)
    松川博敬(チーフプロデューサー)
  • 相葉雅紀(俳優・歌手・タレント)
    受賞理由:
    『ひとりぼっち―人と人をつなぐ愛の物語―』と『今日からヒットマン』(テレビ朝日)での熱演と、音楽番組やバラエティ番組での幅広い活躍が評価された。

  • 神木隆之介(俳優)
    受賞理由:
    『らんまん』での植物学者・牧野富太郎をモデルとした魅力的な主人公の造形が見事だった。その演技力および長年の功績に対して。

  • 北川景子(俳優)
    受賞理由:
    大河ドラマ『どうする家康』(NHK)でお市とその娘茶々の二役を見事に演じ分けた演技力、また『女神(テミス)の教室~リーガル青春白書~』(フジテレビ)で見せた演技の幅広さと、長年にわたる活躍に対して。

  • バカリズム(お笑い芸人・脚本家)
    受賞理由:
    『ブラッシュアップライフ』でのアイデアにあふれたオリジナル脚本が見事。自然なセリフや巧みな構成で多くの視聴者の心をつかんだ。

  • 大下容子(テレビ朝日アナウンサー)
    受賞理由:
    報道・情報番組に長年携わり、常に公正な姿勢で自身の名を冠した番組のメインキャスターを務めると共に、バラエティや特別番組へも出演し、放送業界へ貢献してきたことに対して。

橋田賞新人賞
  • 浜辺美波(俳優)
    受賞理由:
    『らんまん』で主人公の妻役を健気に凛々しく好演。安定感のある落ち着いた演技で、明治の女性を青年期から壮年期まで見事に演じきった。

  • 趣里(俳優)
    受賞理由:
    連続テレビ小説『ブギウギ』(NHK)での体当たりの演技に対して。歌も踊りも一生懸命に演じている姿は視聴者に感動を与えた。

橋田賞特別賞
  • 井上 順(タレント・歌手・俳優)
    受賞理由:
    音楽、ドラマ、バラエティと様々な分野で芸能活動を精力的にこなし、長年放送業界に貢献してきた功績に対して。

橋田賞新人脚本賞 佳作
  • 安達あづさ(「嘘つきリーさん」作者)

  • 平木健典(「あなたに花が咲くように」作者)

  • 三谷武史(「ニンベンに憂う」作者)

野村昭子賞
2022年6月29日に亡くなられた野村昭子様のご遺族より、橋田文化財団へいただいたご厚意に基づき設立された特別賞です。長いキャリアと確かな演技力で存在感を示す俳優を顕彰するものです。
  • 大方斐紗子(俳優)
    受賞理由:
    長年にわたり放送業界で幅広く活躍。バイプレーヤーとして映像作品には欠かせない存在であることに対して。

© HASHIDA CULTURAL FOUNDATION