橋田賞新人脚本賞|一般財団法人 橋田文化財団


募集要項

橋田賞新人脚本賞入選作、初の映像化決定!
令和4年度 橋田賞新人脚本賞
昭和、平成、令和を代表する脚本家の一人、橋田壽賀子が亡くなって一年。
今年、令和4年、橋田賞は第30回を迎えました。
財団は設立30年を記念して、放送文化に関する創作活動を奨励するという目的とともに、大切に育んできた新人の育成というもう一つの目的をさらに力強く推し進めるため、新しいプロジェクトを立ち上げます。
次回、令和4年度橋田賞新人脚本賞の入選作(一篇)を映像化します。「橋田壽賀子のこころを未来へ」つなぐ橋田文化財団として初めての取り組みです。
これまでは文字としてのみ評価されてきた新人脚本賞の入選作を、映像としての魅力を付加してご高覧いただくことができるようになります。
新人脚本賞を目指す方々には映像化も励みに奮ってご応募いただきたいと思います。
橋田文化財団を支える経験豊かなプロデューサー、ディレクターがテレビ業界で活躍する俳優、スタッフをキャスティングして作品を製作します。(令和5年5月10日〜TVerほかで公開予定)
記念すべき映像化第一作は、橋田壽賀子とともにたくさんのドラマや舞台を作り上げてきた石井ふく子がチーフプロデューサーとして総指揮を務めます。
日本人の心、人と人の温かい触れ合いを取り上げた、新鮮な1時間ドラマの脚本をお待ちしています。

【主題】
自由。
未発表(他の公募に応募・受賞していないもの)のオリジナル脚本に限ります(400字詰め原稿用紙に換算して60〜65枚)
【応募締め切り】
令和4年9月30日(金)24時
【発表】
令和5年1月上旬、こちらのページにて発表します。
【賞金】
入選作 1篇(賞金 100万円)
佳 作 1〜3篇(賞金 20万円)
※いずれも予定
【公開】
令和5年5月10日〜TVerほかで公開の予定。
【その他】
  • 受賞作品の著作権、映像化権、放送権、配信権は一般社団法人 橋田文化財団に帰属します。
  • 他者の作品を模倣し、作者の権利を侵害するような事案が発生した場合は全ての責任は応募者にあるとします。
  • お一人様一作品のみの応募とさせていただきます。
  • すでに作品が上演または放送されたことのあるプロの方の応募は受け付けません。受賞後に発覚した場合は失格とします。
    *応募資格に関して様々なお問い合わせをいただいています。
     橋田賞新人脚本賞はこれから脚本家を目指す方々の発掘と
     
    応援を目的として
     
    います。
     すでにプロとしての経歴のある方の応募は受け付けませんが、
     
    テレビで放送
     
    された実績をお持ちで
     
    ない方からの
     
    応募は
     
    お受けしたいと考えます。
     ご自身の応募資格について疑問のある方は橋田文化財団まで
     
    お問い合わせ
     
    ください。
  • 選考内容についてのお問合せには一切応じません。
  • 2022年9月3日に行われた秋のオンラインセミナー「大ヒットドラマ『おしん』に見る橋田ドラマの手法」におきまして、金澤宏次氏(元NHKドラマ番組部長 現在・ユニオン映画会長)が動画内でご紹介した資料『橋田ドラマの原風景 〜ドラマ脚本家を目指す方へのメッセージ』のPDFファイルです。
    ドラマ脚本執筆に、お役立ていただけましたら、幸いです。
【応募方法】
専用フォーマットファイルで執筆の上、
下記『応募フォーム』よりご応募ください。
ファイル名は作品のタイトルを記入してください。
※ Word“スタイル”の使い方がご不明な場合は、
以下の[TIPS]をご確認ください
TIPS“スタイル”適用方法
ご応募受付は終了しました
【主催】
一般財団法人 橋田文化財団
《応募に関するお問い合わせ》
 E-MAIL:
 
 / TEL:03-3261-2418
-----

これまでの受賞作品

新人脚本賞は第3回(平成6年度)より創設されました

令和3年度

応募総数:213 一次:10
入選作:
なし

令和2年度

応募総数:279 一次:16 二次:-
入選作:
なし
佳 作:
2篇/

令和元年度

応募総数:157 一次:8 二次:-
入選作:
なし
佳 作:
1篇/

平成30年度

応募総数:145 一次:9 二次:-
入選作:
佳 作:
1篇/

平成29年度

応募総数:104 一次:8 二次:-
入選作:
佳 作:
1篇/

平成28年度

応募総数:128 一次:10 二次:-
入選作:
佳 作:
1篇/

平成27年度

応募総数:108 一次:12 二次:-
入選作:
なし
佳 作:
3篇/
「ガラパゴスの朝」堀脇れいく
「東京の嫁」塚橋一道
「夏越し(なごし)」木庭純理

平成26年度

応募総数:146 一次:12 二次:-
入選作:
なし
佳 作:
2篇/
「ミス・リサーチ」秋嶋 雅
「屋上観覧車」八田明子

平成25年度

応募総数:156 一次:9 二次:-
入選作:
なし
佳 作:
2篇/
「消えた創業絵画」有信由美子
「サラブレッドの瞳」板垣宗男

平成24年度

応募総数:199 一次:13 二次:-
入選作:
なし
佳 作:
2篇/
「熊さんとナベヅル」高橋美帆
「友情と落城」土屋裕子

平成23年度

応募総数:177 一次:19 二次:-
入選作:
なし
佳 作:
1篇/
「夏の旅人」後藤健之

平成22年度

応募総数:174 一次:20 二次:-
入選作:
なし
佳 作:
1篇/
「パルクール」堀脇れいく

平成21年度

応募総数:238 一次:26 二次:10
入選作:
なし
佳 作:
1篇/
「ハルノヤ!」石岡志動

平成20年度

応募総数:159 一次:32 二次:5
入選作:
「てのひらに綴る愛」小鳥遊まり
佳 作:
2篇/
「元女房、揃い踏み」山田浩司
「季節はずれの恋」坂本紀男

平成19年度

応募総数:181 一次:28 二次:5
入選作:
なし
佳 作:
2篇/
「オニオンな」石田晶子
「冬の虹」橋本理華

平成18年度

応募総数:194 一次:25 二次:7
入選作:
なし
佳 作:
1篇/
「どん底」黒石智美

平成17年度

応募総数:207 一次:29 二次:4
入選作:
なし
佳 作:
2篇/
「天華の祈り」福川真弥
「エビフライの町で」伊達佳恵

平成16年度

応募総数:198 一次:20 二次:5
入選作:
2篇/
「十四才のジゼル」景山貴之
「冬の花火」吉野 洋

平成15年度

応募総数:212 一次:34 二次:4
入選作:
なし
佳 作:
2篇/
「この手のぬくもり」三浦三千代
「ゴーゴースローライフ」川津明石

平成14年度

応募総数:265 一次:28 二次:6
入選作:
なし
佳 作:
2篇/
「傾聴のアザラシ」清水 昭
「はつ蛍」山田英樹

平成13年度(10周年記念脚本懸賞募集)

応募総数:564 一次:44 二次:8
入選作:
なし
佳 作:
2篇/
「秋の虹」清水曙美
「鯉の味」高野楓子

平成12年度

応募総数:309 一次:30 二次:5
入選作:
なし

平成11年度

応募総数:425 一次:34 二次:4
入選作:
なし
佳 作:
3篇/
「海に朝日が昇るとき」鈴木保代
「とことん行こうぜ!」江原志津
「祝婚歌」桑島裕子

平成10年度

応募総数:460 一次:54 二次:15
入選作:
なし
佳 作:
2篇/
「送ること」荒井厚子
「金のツルハシ、絹のハンカチ」待田堂子

平成9年度

応募総数:316 一次:29 二次:5
入選作:
なし
佳 作:
2篇/
「厚い背中」青木邦子
「リダイヤル」天童直子

平成8年度

応募総数:350 一次:35 二次:8
入選作:
「天使がいっぱい」青山宥子

平成7年度

応募総数:341 一次:31 二次:7
入選作:
なし
佳 作:
3篇/
「父の化粧」倉野 満
「ささやかなあした」武田百合子
「エッちゃんとミッちゃん」桐ヶ谷健太

平成6年度

応募総数:681 一次:57 二次:9
入選作:
なし
佳 作:
2篇/
「ファイト」梶田祐子
「手紙の音」畑山直徳
© HASHIDA CULTURAL FOUNDATION